スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iMacでPSO2をプレイする〜Parallels Desktopでオンライン〜

前々回の記事で↑みたいなことを言ってたんですがなんとか条件付きで出来たのでまとめ。

※個人的なまとめです。
 本記事を参照しておこったトラブル・PC故障等いかなる責任も負わぬ知らぬ存ぜぬ。

(12/9/12 追記)


1.用意するもの
  ・Parallels Desktop(7を使用しました)
  ・WindowsOS(今回はPSO2をプレイするので7です。やりたいオンゲの要求OSを任意)

  ※Parallelsは体験版があるのでそちらを利用してみて大丈夫なら製品版を利用したほうが無難です
  
2.Parallels Desktopの導入
  公式サイトにマニュアル(ユーザーズガイド)がありますので割愛
  (参照:http://www.parallels.com/jp/products/desktop/technical-documentation/)

3.Windows7導入
  新規導入が無難です。ゲーム以外のツールを引き続き使いたい場合なども
  まっさらにしてから動作確認しつつ入れたほうがいいんじゃないかなという私見。

4.基本設定
  ネットワークの設定などはこの時点で済ませておきましょう。
  ついでにUSB(コントローラ/マウスなど)の設定もしておきましょう。

5.設定変更
  Parallelsの設定をいじります。
  こひーれんすモードとかいうのは終了しておいてください。
  上部メニューより【仮想マシン】→【構成】と辿ってオプションを開きます。
  で、共有プロファイルのチェックは外します。
   Parallelsオプション
  
  これやっとかないと製品版利用時に更新をアップデートする時にエラーと共に叩き落されます。
  (No106のエラーが出た場合おそらくこれが原因)

6.PSO2導入
  Windowsマシンと同様に入れてください。
  インストール後、スクショ他のデータを格納してあるディレクトリが
  ローカルディレクトリ(C:とか)配下になっているか確認します。
  (できてない場合4のチェックが外れてないかもしれません)

7.PSO2の設定
  画面サイズとかテクスチャとかはPCの積み具合と相談していただくとして。
  “シェーダー”設定だけは“簡易”にしてください。標準ですと
  突然のいがぐり

  とか

  丸見え

  見えてはいけないものが諸々見えます。
  特に下はフィールドで連れ歩いてるFPが全員が開始AWに吹き出し設定してた状況を想像すれば、
  ほら悲惨でしょう


Parallels Desktop8が発表されました。
こちらのバージョンにアップデートすると標準シェーダーでも綺麗に描画されるようです。
ヤッタネ!!


とにもかくにもこれで動く、はず。
動いてることを確認したらWindowsOSのライセンスアクティベーションと
Parallels Desktopの製品版ライセンスを取得しましょう。切れたら使えなくなります。


リアルな質感とかはまあ動いてるだけありがたいと思って諦めましょう。
書き忘れとかあったら随時追加します。


最後に今回の生贄に使われた私のPCスペックを晒し晒し
括弧内が仮想マシンに割り当ててる分です。

iMac27インチ
CPU : Intel Core i7 (3コア割り当て)
メモリ : 12GB (4G割り当て)
グラフィック : AMD Radeon HD 6970M (ビデオメモリ1G割り当て)
SSD:256GB

これでこひーれんすモードでPSO2動かしながらMacでギルメンとSkype通話しつつ
裏でCLIP STUDIOやらJanetterやらをやっててもファンがうるさいこともなく平和に遊べてるので
PSO2だけ起動するならもう少しスペック低くても大丈夫だと思います

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://hakosora850.blog.fc2.com/tb.php/5-614252e7

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。